先輩エステティシャンの声

確かなスキルを武器に、キレイと笑顔を作りたい

ERI KUMAGAI

銀座本店 社員(入社3年目)熊谷 江莉

大緊張のサロンデビュー初日、先輩たちに感謝

初めての担当はボディコースのお客様。繰り返し練習して、施術の流れを頭と身体に叩きこんでいたはずなのに、いざ施術!という段階で緊張のあまりパーンとすべてが頭から飛んでしまったのです。…頭の中が真っ白。
そんな私に気づき、すぐさま先輩スタッフがフォローに入ってくれました。このときの経験は今でもしっかり心に残っています。お客様にとっては新人だろうと何だろうと関係ない。一人のプロとしてしっかりしなくてはと、モチベーションが高くなると同時に先輩たちが「ちゃんと気にかけて見守ってくれている」ということに改めて気づきました。

技術が積み上がっていく実感に幸せを覚える

ドキドキのデビューから月日が経ち、今ではボディチェックでお客様の身体に触れるだけで、何となく肉の性質や日々の習慣、立ち仕事か、座り仕事か…など予測ができるまでに成長しました。
「ウエストのゆるみが、自分でもわかるようになってきたのよ」「同窓会に着たい服があるから、もっと頑張るわ」――多くのお客様からの「ありがとう」の言葉をこの耳でしっかり受けとめ、一緒に喜びを分かち合えることが、今の私の大きな原動力になっています。
「確かなスキルを武器に、これからもお客様の輝く笑顔を世に広めていきたい」。それが今の私の目標です。

技術者として、お客様に向き合うプロとして、意識高く成長して行ける場所。この会社を選んだことに間違いはなかったと確信しています。

グラティア  エントリーはこちら